第6回 インターナショナルBENTOコンクール

茄子とキノコで秋満載弁当

投稿者 : 夜夢茶

茄子とキノコ、秋の味覚を楽しめるお弁当にしました。 はしりの平貝は自家製味噌だれに漬けて味噌漬け焼きで。

キノコご飯 平貝の味噌漬け 蒸し茄子の味噌マスタード和え 卵サラダ ミニトマト

作り方

  • キノコは石突きをとり、食べやすく切る。 洗って水を切っておいた米に合わせておいた酒、薄口醤油、顆粒だしを入れ、いつも白米を炊いている水加減まで水を入れ、キノコを米の上に乗せ混ぜずにスグに炊く。
  • 平貝は、合わせ味噌、砂糖、みりん、酒で作った味噌だれに一晩漬けて置く。 キッチンペーパーで余分な味噌をふき取ってから、グリルで焼く。
  • ナスはヘタを取り、蒸し器に並べて、強火で15分蒸す。粗熱が取れたら、食べやすく切り、味噌、マスタード、みりん、酢で和える。
  • ゆで卵は食べやすく切り、千切りにした胡瓜とともに、マヨネーズと塩コショウを加えて混ぜる。
  • プチトマトは半分に切って詰める。

一覧へ戻る

© 2017 味覚の一週間. All Rights Reserved.
「味覚の授業」® 「味覚の一週間」® およびそのロゴは商標登録されています。