2018年度 開催概要

「味覚の授業」の風景
開催日程

日本 : 2018年10月15日(月) ~ 21日(日)

フランス : 2018年10月8日(月)~ 10月14日(日)

開催地

日本全国およびフランス

「味覚の授業」®

全国の小学校で、シェフやパティシエ、生産者達が子供たちに味の基本や五感を使って食べる大切さを教えます。
対象:小学校3年生〜6年生

「味覚の授業」® とは

「味覚の授業」は、五感を活用しながら、味の基本となる4つの要素(「塩味」、「酸味」、「苦味」、「甘味」)に、日本に根付き、第5の味と言われる「うまみ」を加えた5味についての知識や味わうことの楽しみに触れる体験型学習です。

講師を務めるのは、食のプロフェッショナルであるシェフやパティシエや食の生産者で、授業は主に、味蕾が発達段階にある小学3、4年生を対象に行われます。(一部、小学5、6年生に対しても、調理実習つきで実施致します)

2018年度「味覚の授業」® 参加校募集のお知らせ

「味覚の授業」は、五感を活用しながら、味の基本となる4要素「塩味」、「酸味」、「苦味」、「甘味」に、第5の味覚ともいわれる「うまみ」を加えた5味について学び、味わうことの楽しみに触れる体験型学習です。講師を務めるのは、料理人やパティシエ、食の生産者など、食のプロフェッショナルです。

2018年度「味覚の授業」® 講師募集のお知らせ

「味覚の一週間」の活動の中心を成す「味覚の授業」は、料理人やパティシエ、生産者など食のプロフェッショナルがボランティアで小学校を訪れ、味覚の発達段階にある小学3~6年生に”味の基礎”を教える”出前授業”です。

2018年度「味覚の授業」® コーディネーター募集のお知らせ

「味覚の授業」の講師を務める料理人と小学校の連絡窓口となり、事前打合せをし、当日は一緒に小学校を訪れ、味見用食品の準備、配布やその他講師のサポートを行っていただく方のことです。(調理実習のあるクラスは調理実習の際に食材の準備や実習のサポートもあります)

「味覚の食卓」

「味覚の授業」に参加したシェフ、料理人のお店を中心に開催。家族や友人と会話を楽しみながら味わう楽しさを見出す活動です。

「味覚の食卓」に参加するレストラン、料理店では期間中(毎年10月第4週)味の基本となる4つの味覚(「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」)に加えて、第5の味覚「うまみ」がバランスよく食べられる一皿を提供するなど、レストランでの味覚の多様性体験いただけます。
「味覚は重要です。ですが同時に食事を楽しむのは味覚が全てではありません。味覚を通じて楽しい会話がはずみ、共感が広がる食卓で、みなさんが人生の喜びを分かち合えますよう」

「味覚のアトリエ」

協賛企業や協力組織による味覚体験活動です。

学校やパートナー企業のご要望に応えて会期中にさまざまなイベントを実施。
幅広い年齢層の参加者に食の体験を提供。

開催詳細