味覚の授業

「味覚の授業」®とは

「味覚の授業」®は料理人、パティシエ、生産者らがボランティアで、全国の小学校の3年生から6年生を対象に、味の基本となる4味(「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」に加え、第5の味覚である「うまみ」について教え、味覚を意識させ、食の楽しみを学ばせます。

2021年度テーマ : SDGsと食育

「世界的な新型コロナウイルス感染拡大という非常事態を受け、今後の生活様式は否応なく変化を迫られています。
また、学校での食育も世界の目標である「SDGs」を踏まえたものとしていかなくてはなりません。 子供たちの発達過程において、「食育」は以前にも増して大切なものです。命をつなぐ栄養の必然性だけではなく、地球環境に配慮した、「味」の多様性、「食」がもたらす豊かな人間関係、そして「食」というそれぞれの文化の継承を教えていかなくてはなりません。 このような観点から「味覚の一週間」を今後も継続して行ってまいります。


2020年の「味覚の授業」®
●参加講師(料理人・生産者など) 43人
●実施校数 87校
●実施クラス 172クラス
●調理実習実施校 1校
●調理実習実施クラス 4クラス
●参加生徒数 5,570名

ミカエル・ミカエリディス氏(「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」総料理長)より島根県へのメッセージ

こんにちは!みなさん、島根県のシェフのみなさま!
ミカエル・ミカエリディスと申します。東京のレストラン ジュエル・ロブション総料理長です。
今年は、みなさんと授業ができなくてとても残念ですが、どうぞ「味覚の授業」を楽しんでください。今日は島根県のシェフのみなさまが「味覚の授業」をしてくださいます。
私は、試食をした後のみなさんの感想を聞くのがとても楽しみです。
じゃあ、シェフ、今日はあなたの出番です!

みなさん、楽しい授業でしたか?今日の授業で習ったことは、家に帰ってからも家族のみんなと話し合いましょう。
では、ここで、私からのおみやげを差し上げます。みなさん、私のこころからの友情を!また、近いうちにお会いしましょう。

動画はこちら

おみやげは「MERCI」と書かれたシェフオリジナルのキャンディでした。

「味覚の授業」®は15県(新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、小学校の判断にまかせ)89校で行われました。

港区立青南小学校 3年1組では、菊地賢一氏(「(株)レザネ・フォール」オーナーシェフ)、3年3組では、クラブ・マシュー氏(「Two Rooms Grill 」シェフパティシエ)による味覚の授業が行われました。

中央区立明正小学校3年1組2組では、坂田幹靖氏(「GINZA Kansei」オーナーシェフ)と境井智子氏(「ヴァローナ ジャポン 株式会社」 シェフ)による味覚の授業が行われました。

葛飾区立高砂小学校5年1組では、太田高広氏(「ホテルニューオータニ東京」 西洋料理バンケット統括料理長)による味覚の授業が行われました。

西葛西小学校 3年4クラスでは、永田 宏氏(元「アルバス」シェフ)、沢辺利男氏(「学校法人食糧学院」)による味覚の授業が行われました。

二之江第三小学校 3年では、山田 百香里氏(「たべもの教室 采輪」代表)による味覚の授業が行われました。

岐阜県・高山市立西小学校4年1組では、 ドミニク・コルビ氏(「フレンチ割烹 ドミニク・コルビ」 総料理長)による味覚の授業が行われました。

愛知県・玉川小学校3年では、冨田大介氏(「カルチェラタン」シェフ)による味覚の授業が行われました。

苦味ビターチョコと甘味と少し塩味のあるタルトと、ライム香るレモンのタルト甘味と酸味のタルト

愛知県・名古屋市立大宝小学校5年では、大鹿裕司氏(「ホテルプラザ勝川」総支配人) 、鈴木雅彦氏(「株式会社 名古屋キャッスル」調理本部 副本部長) 、大脇房夫氏(「リリアーヌ代表取締役)による味覚の授業が行われました。

大鹿裕司シェフによるお出汁の味噌汁、クレームブリュレのバーナーによるキャラメリゼ実演

愛知県・名古屋市立旗屋小学校3年では、 野杁良成氏(「名古屋ガーデンパレスホテル」料理長)による味覚の授業が行われました。

シェフ自ら手指消毒

愛知県・名古屋市立白鳥小学校3年1組では、日比野逸朗氏(「マリオットアソシアホテル」シェフ)による味覚の授業が行われました。

愛知県産地産地消シェフ自ら八事五寸人参を種から育てて、キャロットケーキに。

授業の終わりにはシェフから修了証が手渡されました。

愛知県・名古屋市立船方小学校3年では、大鹿裕司氏(「ホテルプラザ勝川」総支配人)、鈴木雅彦氏(「株式会社 名古屋キャッスル」調理本部 副本部長)、大脇房夫氏(「リリアーヌ代表取締役)による味覚の授業が行われました。

大阪府・大阪市立北田辺小学校4年1組・2組では、 唐渡 泰氏(「リュミエール大阪KARATO 」オーナーシェフ)による味覚の授業が行われました。

島根県・益田市立吉田小学校では、 5年1組 藤原 真樹氏(「トラットリア スタジオーネ」オーナーシェフ)・ 2組 安食 直樹氏(「セカンド」オーナーシェフ)・ 3組 志田原 耕氏(「田吾作」店主)による味覚の授業が行われました。

島根県・松江市立乃木小学校では、5年4クラスと6年4クラスで、中島一郎氏(「食彩なかしま」)・原 博和氏(「ル レストラン ハラ オ ナチュレール」オーナーシェフ)・金盛 桂氏(「レストランカフェ メリメロ」オーナーシェフ)・安食直樹氏(「セカンド」オーナーシェフ)・近藤真顕氏(「ペイナタル」オーナーシェフ)による味覚の授業が行われました。

「味覚の授業」® 参加校一覧

2020年「味覚の授業」® 参加校一覧はこちら(PDF)

 

過去の「味覚の授業」®

2019年「味覚の授業」® 詳細はこちら