「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年記念
おにぎりで出会う食文化

かくし味がおいしい 日本風味のおにぎり!

投稿者 : きよみん 様

日本の香味成分をかくし味に使ったおにぎりです。 岡山特産の黄ニラを使い、日本独自のシソ(大葉)の風味を生かしています。 外観は、片面にフランス国旗を赤・青シソで、もう一面には日の丸をうめぼしで表現しています。 具材の味付けは、みそ、醤油、砂糖、酒、生姜を使い、黄ニラの風味を引き立てました。 かくし味(黄ニラ、生姜、シソ)で具がおいしいおにぎりになりました。

岡山特産の黄ニラを肉団子に入れ風味を出しました。味付けにはみそ、醤油、砂糖、酒を使い。生姜をすりおろしいれました。 肉団子を青シソで包みご飯を握ります。食べたときに青シソの風味が広がります。 外観は、片面にシソ(赤、青)の葉を刻みつけました。もう片方にはうめぼし(赤シソで漬けた)を使用しました。 米は、岡山特産の『きぬむすめ』(自家製)を使いました。少し粘りが強く、おにぎりに向いています。

作り方

  • ウズラ卵を茹で、皮を剥く。
  • 玉ねぎ、ニンジン、黄ニラをフードプロッセッサーで細かくし、ミンチ肉と合わせる。
  • 2に味噌、醤油、砂糖、酒、おそし生姜、生卵、パン粉を入れ練る。
  • ウズラ卵を大葉で巻き、3で包む。
  • オーブンレンジのグリルまたは、フライパンで焼く。
  • 5を具材にし、ご飯でおにぎりを握る。
  • 片側表面に刻んだ青シソ、赤シソを付ける。
  • もう片方に梅干しを入れる。
  • 出来上がり。

一覧へ戻る | BENTOコンクールTOPへ