「味覚の一週間 ®」第8回 インターナショナルONIGIRIコンクール

おにぎりで出会う食文化

おいなりさん風ゴマにぎり

投稿者 : ashurin 様

おいなりさんは普通時間がかかるのですが、簡単に薄揚げを刻んで味付けし、クレソンと合わせました。 クレソンはわさびのような味わいがあり少し苦味があります。 甘辛く味付けた薄揚げとの相性もよく、おいしく食べることができます。 クレソンはヨーロッパの原産で、日本には明治初期に移入してきたものです。 ヨーロッパではなじみの食材です。 日本では付け合わせのような脇役のイメージですが実は クレソンには、カルシウムのほか美肌に欠かせないβカロテン・ビタミンCなどが豊富に含まれます。クレソンに含まれる繊維質により、腸が活発に動くことで便秘解消につながります。 女性に嬉しい野菜の一つです。 ゴマは若返りのビタミンと言われ、ビタミンEが豊富に含まれています。

作り方

  • 1.薄揚げを細かく切ります。 2.フライパンに薄揚げとダシの粉・醤油・砂糖・水入れて炒めて水分を飛ばします。 3.ご飯と刻んだクレソンを混ぜておにぎりし、側面にゴマをつけます。

一覧へ戻る | ONIGIRIコンクールTOPへ