「味覚の一週間 ®」第8回 インターナショナルONIGIRIコンクール

おにぎりで出会う食文化

こんがり白味噌チーズの枝豆ちりめんおにぎり

投稿者 : yamamari 様

作り置きしているご飯のおとも「ちりめん山椒」(じゃこと実山椒を醤油みりん酒で煮上げたもの)と枝豆を混ぜ込んでにぎったおにぎり……片面に白味噌をぬってごま油で香ばしく焼いて軽く焦げ目をつけ、パリッと薄焼きにしたパルメザンチーズに味噌面をくっつけて仕上げました。ちりめん山椒と枝豆の和の味に、ときどき香ばしい味噌の焦げ目とチーズの相まった風味が加わり、絶妙の味わいです。 カルシウムの含有量が抜群に多いパルメザンチーズ、たんぱく質とカルシウムなどミネラル豊富なじゃこ、ビタミンや鉄分たっぷりの枝豆、そしてストレスを軽減させるGABAが豊富で塩分の少ない白味噌…と栄養的にもバランスのとれたおにぎりです。

作り方

  • 1.ご飯に枝豆とちりめん山椒を混ぜて、しっかり握っておにぎりを作る。 2.片面に白味噌をぬり、ごま油を熱したフライパンに味噌面を下にi入れ、軽く焦げ色が付くまで香ばしく焼く。 3。フライパンにおにぎりより一まわり大きく、パルメザンチーズを薄くしいて、香ばしく焼き上げ、2の味噌面をくっつけて仕上げる。 ●ちりめん山椒(作りやすい量) ちりめんじゃこ(100g)と実山椒(大さじ2)を、酒(大さじ6)・みりんとうす口醤油(各大さじ2)・濃口醤油少々でからッとするまで煮る。 ※ 画像の2枚目は、おにぎりの裏面…白味噌を香ばしく焼きつけて、薄焼きのパルメザンチーズをくっつけた面です。

一覧へ戻る | ONIGIRIコンクールTOPへ